MENU
カテゴリー

ブログで稼げない理由はこれだけ!誰もがはまる1つのワケ

ブログを始めてみたものの、全然稼げない。
収益化できないと感じていませんか?

ブロガーさんのブログを読むと、
すいすい収益が上がるイメージが伝わってくるのに対し、
現実は…

  • アクセスも低い!
  • 収益も上がらない。

そんな風に悲観的になっていませんか?

そんな方が
ブログで稼げないたった1つの理由は、

「焦っているから!!!」

もう少し具体的にお伝えすると、

「短期的な収益を望み過ぎている」

ということです。


目次

■焦りながら書いても稼げない

早く収益をあげられるようになりたい気持ちは、
めちゃくちゃよくわかります。

でも、SEOはどんどん厳しくなっていますし、
有益なコンテンツがそろっているブログやサイトが
増えている状況で、

「短期的に収益を上げていく」
ということが難しくなっています。

しかし、焦って稼ぎたい時の頭の中って、
「短期的」にしか考えられていません。

早く5万稼ぎたい
来月3万でも稼いでいたい

こんな感じ。

完全に、自分が稼ぐことしか頭にない状態で、
ユーザーさんに本気で役立つ記事なんて…
私なら書けません。

そんな状態で、「長期的に」と言われても
ピンとこないと思いますしね。

ブログで稼ぐということは、
少なくとも記事が検索エンジンに評価されて初めて
収益につながり始めるわけなので、

3か月先、6か月先は当たり前。
もっと時間がかかることなんてざらにあります。

だから「ブログですぐに稼ぎたい」という思いを
少し脇に置いて、ゆっくり稼げるようになろう、
という思考の方が現実的で、無理がないのです。

■でもお金がない!ブログで何とかしたい・・・

でも現実は、すぐにでも収入が欲しい、
という方もおられるでしょう。

お金がない時ほど、ブログで何とかしたい!
と考えてしまう気持ちもは分かります。
私も何度もそう考えておりました。

でも、直近で必要なお金が必要であれば、
ブログではなく、稼ぎに出ることをお勧めします。

主婦さんの場合は、育児中だから、難しい…

そんな声も聞こえてきそうですが、
いつ収益が発生するか分からないブログよりも、
確実なのは「働きに出ること」ですから。

働いた時間の分だけ、給与を頂ける、
このシステムで働くということです。

もしくは、成果物を作成して納品し、
契約通りの報酬を頂くという働き方です。

子供が園に行っている間だけという方も居れば、
中には、子供が寝ている間だけ(夜中)に働きに出ている方もおられます。

みな、それぞれに工夫して
生活基盤となる収入を確保しています。

■生活がキツイ状態でブログを始めるデメリット

ブログで稼ぐためには、
収益化までの時間と、膨大な労力が必要です。

現状で生活費が不足してすぐに欲しい状態で
ブログで稼ごうとすると、
完全に短期的な思考で「早く収益化したい」と望み、
収益化ができなければ「今以上に焦りが生まれてしまう」のです。

こんなに頑張っているのに、
理想と程遠い収入に愕然としたり。

クタクタになりながら、育児もして、
時間を割いてブログを書いているのに、
収入につながらない現実。

こういう状態に
打ちのめされやすくなってしまうのです。

「早く稼がなきゃ!」という焦りのせいで。

短期的な思考は、正しい選択を遠ざけます。
正しい判断を遠ざけます。

役に立たない情報商材を買ってしまった経験、
あなたにもありませんか?
私はありますけども… 爆

今すぐ生活費を補いたいのであれば、
育児面などはどうにかして、
バイトでもパートでも始めることをお勧めします。

本気で考えれば、子育て中の主婦でも
外で働く方法なんて、山ほどあります。

今の時代、外に働きに行かずとも、
在宅でしっかりした会社に勤めることさえも可能ですから。
(IT系の技術をお持ちの方は、しっかり調べてみることです)

時代は主婦が働いて収入を得ること(そして納税すること)を
望んでいますものね。

ちなみに、管理人シアの場合は子供が2人ですが、
2人とも0歳、1歳から保育園通いです。
2人目の妊娠を期に、公務員を退職したので、
2人目の保育園の時代は実に様々な仕事を経験しました。

育児+家事+仕事の両立は大変ですが、
やってできないことはないし、
子供も自分も成長します。

■まとめ

最低限、生活に必要な収入は確保した上で、
プラスの収入源として、ブログで稼ぐ方法を取り入れる、
という考え方をお勧めします。

まずは「焦らないでブログに集中できる環境を整えること」
から始めていきましょう!

大丈夫、私にできているのだから、
あなたにできないことはありません。

”やってできないことはない”のです。

最初から「できない」と決めつけているのは、
案外”自分”だったりしますからね。

自分が決めた枠を破っていきましょう!

コメント

コメントする

目次
閉じる