2歳のイヤイヤ期にご飯を食べない子供への対応!簡単なコツ

2歳のイヤイヤ期。これは食事の面でも大きく出てきますよね…。

「ご飯だよー」というと「イヤー!」と返答がある…こんなやりとりが日常的だと、ママも疲れちゃいますよね。

でも、もしかしたら、「イヤイヤ期」はママとしての「レベルアップ期」なのかもしれませんね。子供が大きくなるにつれて、色々なことが起こり、それに親として対応していかねばなりませんから、イヤイヤ期に親も鍛えられていくのかもしれません…(*´ω`)

スポンサーリンク

魔の2歳児には”2歳ならでは”の対応方法を!

相手はまだ2~3歳です。言葉で「食べなさい!」と言っても、怖い顔で言っても、全く響かないばかりか逆効果。ここは、「2~3歳児」の特性をうまく利用して、対応するのが楽ですし、うまくいきますよー!

2~3歳児の特性って?

  • ママやがっていることに興味津々になる
  • 人形や絵を通して優しく話しかけると、興味をもって入り込んでくる

例)いつもは喜んで食べるご飯。今日は嫌がってちっとも食べないまーちゃん

※名前も状況も架空ですが、我が家の子育て経験にも基づいた実際に近い事例です。

こういう時は無理やり口にもっていっても逃げるばかりで、絶対食べませんからね!ちょっと雰囲気を変えてみて…

あ~おいしい♪今日のハンバーグは前よりもずっとおいしいな~」といって、子供に見せびらかしながら食べてみる。

それでも、子供は、ひっくり返って、そっぽを向いていると思いますが、そんなの気にせず、どんどん食べる。その食事のおいしさを実況中継するような感じで、「この味噌汁には豆腐くんが入ってて、体が大きくなれるんだよ~パク!おーいしー(^^♪」という感じで、しばらく続ける。

何分かすると、突っぱねるようにしていた子供は、何となく母親の声に耳を傾けだします。

ちらちらっと、こちらの動作や言葉に反応して目を向けてきたり…。

そこがチャンス!

子供の方は向かないで、「○○ちゃんのハンバーグがそろそろ食べてほしいなーって言ってるみたい」「○○ちゃんの味噌汁君が、冷えるからあったかいうちに食べてほしいーって言ってるな…」とつぶやくように言います。

それで、子供の表情がきらっと変わったら

「○○ちゃんも一緒に食べようか^^」と笑顔で誘う。

すると、子供は、魔法にでもかかったかのようにスーッと食卓へ戻ってきてちゃんと座って食べ始めます。

そのころにはすっかりと「イヤー」という機嫌が直っていることも多く、「さっきのイヤイヤは何だったの?!」と思うことは良くありますよね^^;

でも、2~3歳の子供はまだ母親に甘えたい気持ちが強いので、お母さんの膝の上に座ったのならば、ちゃんと食べる、ちょっと食べさせてもらったら食べる、という場合は多いもの。

スプーンなどが自分で使えるようになって、「自分で食べれるはずなのに!!」とママが苛立つ時もあるかもしれませんが、そういうちょっとした子供の甘えを受け入れてあげるのも、この時期には大事なことなのではないかと考えます。

そういう時期を経て、「ちゃんと座って自分で食べられる」様になっていくのですものね♪

ちゃんと座って食べられる子供を育てるポイント!

食事中にうろうろしたり、お母さんの膝の上でしか食べなかった子供さんは特に、「褒めポイント」が他の子供さんよりも多いわけじゃないですか!

ちゃんと座って食べられているときにこそ「今日はお座り上手だね!えらいね」とほめてあげると、「ご飯の時は、ちゃんと座って食べるとお母さんがほめてくれる、座って食べるのっていいことなんだ!」と学習します。

だから、「うろうろしているとき」に叱るだけではなく、ちゃんと「座って食べられているとき」に褒めることで、「食事中にやってよいこと・悪いこと」が何なのかを学べるわけですねー!

安心してください♪

そういう管理人の子供もうろうろしたり、「イヤイヤ」で全然食べなくなったり、食事を途中でやめてしまったり、母親の膝の上じゃないと食べない…、と色々ありましたから~(現在下の子は2歳半です^^;)でも、だんだんとちゃんと座って最後まで食べられるようになってきました。

子供は母の雰囲気に騙される?!乗ってくるもの!!

お母さんが、いつもご飯をまずそうに食べていたり、バタバタとして食べていると、食事に興味がもてない、気持ちを落ち着けて食べることができない子になってしまいます。

朝食時は、仕事をしているママさんは、バタバタしていても仕方がないと思いますが、夕食時だけは家族でゆっくり食事ができるといいですよね。

「子供は母の雰囲気に乗ってくる」と書きましたが、

食欲がなさそうな子供の前で、「今日はサイコーにお腹が空いてるから、モリモリご飯を食べちゃおう!」とちょっと明るく、オーバーな感じで、「食べることに対してのやる気」を見せます。

すると、子供はすぐにその雰囲気の中に「ニコニコしながら」入り込んできますよ♪

子供って、「楽しそうだな」という場所や空気を察知するのは「天才的」なんですよー^^だから、わざとそういう雰囲気をちょっと大げさな感じで作りだしてあげるのです。すると自然にモリモリ食べ始めたりしますから♪

「イヤイヤ期のこんな時どうする?!」

>>2~3歳児に共通する5つのポイント

>>食事中にテレビを見たがる子の対応

>>着替えを嫌がる場合の対応(オムツも)

>>お風呂を嫌がる場合の対応

>>シャンプー:顔が濡れるのを嫌がる場合の対応

※このページに「いいね」してくださった皆様、ありがとうございます。
https化によりシェアカウントが「0」表示になってますが・・・
今後も運営を頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加